米国財団法人野口医学研究所

Family Medicine Externship Program

エクスターンシップ(米国家庭医学専門研修プログラム)

米国では、性別・年齢を問わず胎児・乳幼児から高齢者さらに妊産婦まであらゆる患者さんを対象に、家族単位で継続的に健康管理をする医師を“家庭医”と呼んでいます。特定の臓器や疾患に偏らずに幅広く深く診療する家庭医が具体的にどのようなことを行うのか、また患者さんが抱える問題を十分に聞き出し、原因を明確にしていくアプロ―チとはどのようなものなのか、その研修など日米における医療の違いを知ることができるプログラムです。
研修はミシガン大学日本家庭健康プログラム診療所の日本人の患者さんを対象に日本語で行う外来診療が中心で、その他グランドラウンド、カンファレンス等にも参加します。

ミシガン大学家庭医学専門研修プログラムを検討されている方へ

米国財団法人野口医学研究所は、医療の真髄であるEmpathyやHumanityを重要視する家庭医療学の本場、米国中西部の有名大学ミシガン大学において家庭医教育や診療の現場を経験できるような本プログラムを作りました。全米唯一の大学附属日本語診療施設であるミシガン大学日本家庭健康プログラム診療所にて、日本では経験できない家庭医療を日本語で指導が受けられ、さらに大学における家庭医学科のグランドラウンドやカンファレンスなどにも参加するチャンスがあります。25年の歴史を持つミシガン大学日本家庭健康プログラムは、これまで数多くの日本人研修者を受け入れてきました。これからも多くの日本の家庭医を育てていくために、米国財団法人野口医学研究所は昨年「Fetters・佐野・浅野家庭健康プログラム教育基金」を設立しました。このプログラムを通して、さらなる数多くの日本の家庭医療のリーダーたちが育っていくことを祈っています。

佐野潔

プログラムディレクター
佐野潔

対象

医師(初期研修医・専攻医) ※家庭医、家庭医療学に関心がある方

研修施設

ミシガン大学・日本家庭健康プログラム診療所(ミシガン州アナーバー市・リボニア市)

研修期間

2週間(7月・8月を除く)

研修内容

原則として見学のみ
※グランドラウンドへの参加は可能

費用

研修費は当財団が負担いたしますが、滞在費、交通費は自己負担となります。

研修の流れ

申し込み

9月 選考会参加※詳細はこちら ※チラシはこちら

約1ヶ月

合否決定

2年間の猶予あり

研修希望期間の申告・決定

3ヶ月以内米国J-1ビザ取得、書類準備、Immunizationチェック、航空券やホテルの手配など

研修期間(約2週間)

2週間

レポート提出

募集要項はこちら

よくあるご質問

選考会の内容はどのようなものですか?
選考会は、日本語、英語の面接を行います。
面接終了後は選考委員の先生方からフィードバックの時間があります。日米の医療現場で活躍している先生方が選考委員の為、各受験者に対して適切なアドバイスを受けることができます。
選考会の倍率・合格者数はどれくらいですか?
倍率や合格者数は年度によって異なり、原則として公表していません。
英語に関する成績証明書は必須ですか?
必須ではありません。未受験の方も、家庭医、家庭医療学に興味のある方は積極的にご応募ください。
英語のレベルはどの位あるのが良いですか?
英語スキルは必須ではありませんが、医療に関する専門用語が分かると良いと思います。
将来マッチングを希望していない場合でも、受験することは可能ですか?
可能です。日本の医療発展の為に留学し、学びたいという意欲がある方は大歓迎です。
推薦状の提出は推薦者から直接メールで送付することは可能ですか?
基本は郵送でお願い致します。
推薦者が海外在住で郵送が難しい場合のみメールでの受付は可能です。但し、その場合は事前にご連絡下さい。また、必ず推薦者のサインが入ったものをご送付頂く様にご注意下さい。(サインが無い場合は無効となります)
選考会の結果はいつ頃発表されますか?
選考会開催日の1ヵ月後を予定しています。
研修で実際に患者様の診療に関わることはできますか?
研修内容は基本的に見学です。
アメリカで医師として実際の臨床に関わる為には、州の研修用ライセンスと、高額な医療過誤保険、そして病院からの許可が必要な為、今回の研修ではECFMG certificate を取得している場合でも、実際に患者様の診療を行うことはできないとご理解下さい。但し、ラウンドやカンファレンスに参加するチャンスはあります。短期間の研修のため、マッチング用の推薦状を得ることは難しいですが、研修中は指導医だけでなく、現場で働いている多くの方と知り合う機会があるので、是非積極的に米国での家庭医療やその他について情報を得ることをお奨め致します。